プロミスなら家族にバレない借り入れが可能!
プロミスならお金がないから離婚できない状態を回避できます!

プロミスならお金がないから離婚できない状態を回避できます!

離婚のための資金を借りる

離婚を真剣に考えているけどお金がないから躊躇している方も多いと思います。 資金的な問題は当然でてくるものですが、専業主婦か仕事をしているかでも大きく変わってきます。

専業主婦の場合は、離婚後に金銭的な問題がでてくるので、即決はあまりおすすめできませんが、 プロミスなどの大手の消費者金融では、パートなどの安定した収入があれば、当座の資金を借りることも可能です。 しかも、初めての借り入れであれば、30日間無利息で借りれるサービスもあります。


プロミス自動契約機検索

在籍確認の電話からキャッシング利用がバレる可能性は?


在籍確認の電話からキャッシング利用がバレる可能性は?

キャッシングの審査で在籍確認が行われる時、確認をするスタッフが正確な身元を明かすことはありません。なぜなら、貸金業法には、特別な理由なく利用者の情報を第三者に伝えてはならない、という項目があるからです。たとえ身元を問いつめられることがあっても、現在ではキャッシング関係の電話だと話すことはなくなっています。

在籍確認をする場合、スタッフはキャッシングのブランド名ではなく、自分の所属する部署や会社の名称を使用するようになっています。キャッシングの審査を行う実働部署は、見かけ上はデータリサーチ会社のような体をとっているため、在籍確認の際に身元を尋ねられてもそのデータセンター名を名乗るだけなのです。よほどキャッシング業界に詳しい人でもない限り、その名称からキャッシング関係だと勘付くことはないでしょう。

また、電話を受けた会社の人が不審がって電話の目的などを尋ねた場合も、すぐにお断りをして電話を切るように指導がされています。万が一にも在籍確認が目的だと話すことはないので安心してください。会社では部署にもよるかもしれませんが、保険の勧誘などさまざまな飛び込み営業の電話がかかってくることも多いです。そういった個人あての電話のひとつとして紛れてしまうことがほとんどなので、在籍確認の電話に神経質になる必要はないでしょう。

キャッシング限度額は3か月に一回見直されている


テキスト

キャッシングの限度額は、カードを作った後はそのままずっと限度額が一定と思われていませんか。キャッシング限度額は実は定期的に見直されているんです。キャッシング限度額の見直しについて解説します。

キャッシングの限度額は、専門的にいうと貸金業法でいわれる極度額になります。この貸金業法の中の施行規則には、定期的な極度額の見直し(おおむね3か月に1回)が法律で義務付けられているのです。

極度額の見直しとは、現状極度額を与えている顧客に対して、指定信用情報機関にアクセスをして、総量規制の枠の範囲内に納まっているか確認をすることを言います。他社で借り入れをしていたら、何故か限度額の減額の通知が来たといった話はこの極度額の見直しを行っていたからです。

『A社で延滞しても、B社にはばれていないから、追加借り入れできるよね』この考え方は限度額の見直しをしているのであれば、一変します。A社で延滞すれば、A社から情報を受けた指定信用情報機関は『Aマーク』をつけますので、債務不履行予備群である事はB社にもばれてしまうのです。

最近の専業主婦のキャッシング事情


最近の専業主婦のキャッシング事情

消費者金融業界が好調だった頃は、アルバイトの人や専業主婦の申し込みも可能で、その借りやすさからそれを利用する人も多かったと思いますが、2010年に貸金業法が改正されて以降、総量規制が導入され、専業主婦による申し込みは困難となってきました。

では専業主婦は全く持ってキャッシングを受けられないのか、と言う話になると違って、最近では銀行や大手のクレジット会社等が、専業主婦用に配偶者貸付と言う貸付を行っています。 その配偶者貸付に必要な書類としては、まずは借りる方の身分証明証、これは運転免許証やパスポート等になります、そして旦那さんの収入を証明するもの、これは源泉徴収があればそれで大丈夫です。

恐らく一番大事な書類は、旦那さんの同意書、これになると思います。と言うのはいくら書類が揃っていてもこれがなければ受けれるはずの貸付が受けれなくなります。 お金を借りる事に抵抗があっても事情を説明してこれはきちんと書いていただく事が重要です。 その他にもその会社によって必要な書類は様々となります。

昔と比べて随分と厳しい時代になったなぁとは思いますが、やはり生活を破綻させないと言う事が金融会社にとっても大前提となりますからこれはやむを得ないと言わざるおえません。

キャッシング申し込みでなんで借り入れ件数が聞かれるの?


キャッシング申し込みでなんで借り入れ件数が聞かれるの?

キャッシングの申し込みで借り入れ件数が聞かれるのって変に思えませんか。借り入れ件数は指定信用情報機関にアクセスすれば一発でわかるんですから、いちいち本人の口から聞かなくったって、どうせ調べるんですからわかると思います。何故借り入れ件数を業者は聞くのか解説します。

貸金業法には借入申込者に借入内容を申告する様に定められています。業者としては法律を守って申し込みの時に申告を求めているんですね。

貸金業法における貸金業者と金融庁のガイドラインに、『なんで信用情報機関で調べれる内容の自己申告をさせる必要があるのか』といった疑問が載せられていました。これに対して金融庁の答えは、借入者本人が自身の債務内容をキチンと把握しているかを確かめるため、自己申告は必要であるといった認識の様です。確かに、自分の借り入れ件数や借入額がキチンと把握できていない人に貸しては道義的責任がありそうですね。

キャッシング申し込みをするときに、なんとなく適当に借入件数と借入額を入力していませんか。申告内容と信用情報機関の内容が違っていると、審査で大きなマイナスポイントになります。正確な数字を調べて申告しましょう。 いかがでしたか。普段何気ない申し込み手順もひとつひとつ、理由があったりするんですね。

キャッシングの業者をキチンと比較すること


キャッシングというのは、業者をよく比較しておいたほうがよいでしょう。つまりは、借りる時には何処にするのか、と言うことを決める時のよい指標とすることができるからです。

これはとても大きなことになりますから、よくよく認識しておきましょう。基本的には少しでも金利が低いところにする、というのが基本になります。

あくまで借金ではあるのですが、それでもお金が必要になるときには借りるしかないのですから少しでも条件が良いところから借りるのが基本であることは言うまでもないでしょう。その為にキチンと業者を比較しておくことが重要になってくるわけです。

それをよく認識しておきましょう。金利が安いところはおろか、実は無利息キャンペーンをしているところも多くあります から、それはチェックしておくとよいでしょう。そうすれば無利息で借りることができるようになるでしょう。

そうすれば少しでも得をすることができるようになります。

キャッシングも使い方を誤らなければ便利なものです


自分が初めてキャッシングを利用したのは、社会人1年目の時です。学生の頃に扶養が外れており、住民税をまとめて支払わなければならなくなり、まとまったお金が急遽必要となってしまいました。

最初は少し抵抗がありましたが、扶養が外れてしまったという自責の念もあり、キャッシングを利用することにしました。申し込みから審査、カード発行まではとてもスムーズで、煩わしさを感じることは一切ありませんでした。 借りた後は、分割で返済をしました。ここで一つ注意すべき点は、手続きも含めお金を借りるという動作がスムーズ過ぎる点です。すぐに借りられてしまうので、つい手を出してしまい奢侈品などを購入したくなります。当然、そうなると返済に追われ、金利が大きくなってしまうので取り返しのつかない事になってしまうケースもあるようです。

しかしながらCMでもあるように、自分の中で返済できる額を決めて返済プランを考えるという事を怠らなければ防げる事です。要は使い方だとわたしは思います。

そこの判断さえ誤らなければ、自己責任でお金をスムーズに借りられるというこのシステムはとても魅力あるものであると思います。

消費者金融で増額の申し込みをする


消費者金融からお金を借りている方はたくさん存在します。お金を借りていても、急にお金が必要になる事はあります。

他の消費者金融に新規で申し込んでも良いのですが、審査に時間がかかり面倒です。付き合いがある消費者金融の方が信用も出来ていますので、増額に対応してくれることでしょう。

増額には電話で申し込むことも出来ますので、手間はそれほどかかりません。増額をする際には、必要な書類もあるかと思いますが簡単に用意できるものが多いです。私も増額の申し込みをした際には、給料明細の提示を求められた時もありました。自宅に保管してあるので簡単に用意する事が出来ました。

消費者金融側も他社で借金をされるよりも、自社で増額してくれた方が利益になると考えるので増額は割としやすいです。借金がある方で増額の申し込みに悩んでいる方は、積極的に増額の電話をする事をお勧めします。消費者金融はあなたの望みに答えてくれるでしょう。

お金について変化した考え方について


節約の話になるのでしょうか?私は現在32歳、東京で1人で生計を立てているというのに、お金に対しての意識はまったくなく、年末調整もイマイチ理解できていない状況でした。

理解できていなくても今までの会社では担当の方が記入例付きで管理してくださっていたのです。ところが最近、お金を投資や運用にまわしている方が周りに多くなってきまして、その方々から、色々と話を聞く機会が増えてきました。とりあえず「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでみてとのことだったので、読んでみました。

やはり、お金は回さなければ増えないということは確かのようです。このままサラリーマンをやって給料をもらって、そちらの収入のみで行きていても一生楽にはならないと、年々給料が増えたとしても、子供が生まれたり、家を買ったり、さらには部下が増えたりすると交際費も増え、収入が上がる以上に出費が増えるということです。なるほど、それはそうに違いないですよね。

そのときに例えば、不動産をもっていたら家賃収入があったり、小さく副業で立ち上げた会社からの収入があったり、自分が働かなくても入ってくる部分のお金があればどんなに楽か!

しかし誰にでもすぐに出来ることではないので、そのための準備と勉強は決して怠ってはいけないというのは大前提です。